Music Studio Producer(MSP)で遊ぼう:その2

 多重録音とくれば、やはり一人デュエットですよね。

 ハモるのがやりたくて、以前40年前の録音を載せた「海(「懐かしい品々」 の下の方にあります)」にチャレンジしてみました。

 MIDI部分の打ち込みを始めてから歌にたどり着くまでに一週間かかりました。月曜日に始めて毎日ちょこちょこいじり、昨日土曜日はほぼ一日。今日も一日いじってました。MIDIの達人たちから見たら幼稚園児のいたずら程度のものなんでしょうが、本人はけっこうおもしろ楽しくやれました(笑)

 MIDIトラックはベースともう一つの計二つ。音色はビブラフォン。最初ピアノとかオルガンとかいろいろ変えてみたら、ビブラフォンの音がきれいだったので決定。かなり細かく音を設定したので時間かかってます。

 オーディオトラックはギター(アコギのみ)二つと歌二人分の計四つ。歌は録り直し一回目でめんどくさくなっちゃって、というか、それ以前の部分で時間かかりすぎて疲れちゃったので適当です。

 MSPいじりはこれでしばらくお休みの予定。この程度で一週間かかりますから、そろそろ根気がね(^_^;) またそのうちその気になったら何かします。

「海」


『Music Studio Producer(MSP)で遊ぼう:その2』へのコメント

  1. 名前:オ-ルド爺さん 投稿日:2010/11/15(月) 13:56:13 ID:e1c8a59e6 返信

    これもいい出来ですね。バツクに絡めたビブラホンは音符をポチポチして入れるのですか。その音は譜面に書いたのでしょうか。キ-ボ-ドで弾くのより難しそうで大変な作業でしょう。刺激を受けて10年以上使っていないタブルトラツクのテレコでまたやってみたくなりましたが、おそらく動かないだろうな。昔イタズラした録音が何ひとつ残っていないので、全盛時代の腕の程度がさっぱり判らない。50数年後の今はヨレヨレで下手な録音をして赤面ものかも知れないし止めた方がいいか。疲れがとれたらまた傑作を聴かせてください。

    • 名前:なかの 投稿日:2010/11/15(月) 17:49:13 ID:e1b2e982e 返信

       ベースもビブラフォンもMIDIの部分はとにかく全部一音ずつポチポチと作ってます。音符じゃなくて、一小節(これは8分の6なんで6コマ)と音階で仕切られたマス目をクリックします。音の長さ(四分音符だとか16分だとか)はマウスのドラッグで調節します。全部と言っても、AメロとかBメロとかサビとか、同じところはコピーですけどね。
       始める前は旋律一つで一トラックかと思ったんですが、和音も含めて一トラックでした。もちろん和音の分を一音ずつクリックです。
       扱える唯一の楽器、ギターで音を確認しつつ、頭の中でリズムとか音を組み立て、それに沿ってマス目をポチポチしてからそれを鳴らして確認。イメージと違ったら直す。それの繰り返しです。
       めんどくさくて時間のかかる作業ですけど、楽器ではないんでスムーズに演奏するような習熟する必要はないわけです。
       部分的に作ったものを聴いてるときと、全体として組み合わせて聴くときと感じが全然違っちゃって、あちこちの手直しが大変でした。何回も聴いてると余計わかんなくなってきたりしますしね(^_^;)

       テープデッキは10年も使ってないと、動いたとしてもたぶんローラーが変形してしまってて音が安定しない、波打っちゃうような気がします。