エレキギターの演奏

 初めてのエレキギター で書いたとおり、アンプは見た目まるでグリコのおまけみたいな小さなアンプ。リズムボックス機能も「音色が変わるメトロノーム」であり、スタートとストップも手で押さないといけないので演奏中には制御できない。もちろんリヴァーブなどのエフェクターなんてのもなし。

 以前はサウンドミックス機能で二重録音などしてからソフト(サウンドエンジンなど)でリヴァーブをかけたりしてたんだけど、トラックという概念を持ったソフトではないんで、録音されてる音全体にエフェクトがかかってしまうのね。先に歌とかリードギターとかメロディラインを録音してエフェクトをかけ、そこにサイドギターなどを上乗せしていけばいいんだろうけど、先にメロディラインを録音してあとからリズムを乗せるのは難しい。

 高価なハードウェアが必要かな、ただの遊びにそこまで金をかけたくないな、とあきらめていたんですが、すごいソフトを見つけてしまったのです。「Music Studio Producer(MSP)」、これがまあすごいんです。マルチトラック使った多重録音ができます。本来はMIDIを使った作曲用のソフトなんだけど、MIDIは全然わからないのでそっちは触らずに、それのオーディオトラック部分を使って遊ぶわけです。ちなみに、正式対応はXPまででVISTA,Win7は対象外。使ってみたところ、ほとんど使えます。ただ、プラグイン系(一緒にセットアップされる同梱されてるものも含む)のエフェクト関連はNGみたいです。選択するとエラー表示になります。エラー無視して他のことをするとエラーダイアログ無限出現状態になって、止めるのに一苦労します。エラーを出したら一度ソフトを終わらせたほうが無難。それ以外はいまのところ(私の使い方では)Win7でもなんとか無事に動いています。

 さてこのMSPですが。あまりにも超がつく高機能故に使い方が全然わかりません。ソフトの主目的は「MIDIを使った作曲」なんで、起動した直後に適当にいじってもMIDIのソフトなんだなぁと思うだけです。オーディトラックなどの言葉もちらちら見えるので、普通の波形データも扱えるんだよな、と想像はつくものの、どうしたら良いのか見当もつきませんでした。
 さあ検索です。ありがたいもんです。目的にぴったりのレクチャーサイト見つけました。ケーナ奏者の方が作られた、ケーナを演奏して録音しようというサイトです。
「録音しよう」、そのサイトを最初から順番に見ていくだけで、マルチトラックを使った多重録音と、その録音したデータを wav に落とす方法がわかります。マルチトラックですから、パートごとにリテイクもできるし、パートごとにエフェクトもかけられる。パートごとにボリュームの調整も可。

 まあ、リテイク可とは言っても、一人で遊んでると同じパートをフルコーラスで二回リテイクしたら飽きます。普通に弾いてるとかなり長時間遊んでられるんですが、あれって長時間遊んでてもフルコーラスを毎回やってるわけではないんですよね。あちこちつまんで適当に弾いて遊んでるだけ。いざ録音しようとするといやでもそれに気づかされます。通してミス無くなんて弾けないのです。どこかで間違える。ミス無く最後まで行ったなと思って再生するとリズムに乗れてないところが多くて耳障りだったり。でも二回やるともうこれでいいやと思うくらい疲れます(ほんと)。

 それから、一人多重録音するとはっきりわかりますけど、リズムって難しいですねぇ。演奏してるときは頭の中で組み立てたリズムはそのまま手と連動してきっちりとリズムを取ってるつもりだし、演奏しながら聞こえてくる音はそうなってるのに、つまり、頭と手と耳はちゃんと一致してるのに録音再生してみるとバラバラ。私の場合、突っ込みが早すぎるのが多い。何分の一拍とは言えないくらいのわずかなんだけど、アタックが早い。前のめりというか、そんな感じになる。頭と手がきちんと連動してないってことだよね。リズムには自信あったんだけどな。うん、年のせいだってことにしておこう。

 ということで、「春がいっぱい(Spring is nearly here)」を録音してみました。シャドウズの曲です。コード進行やメロディなどの譜面まったくなしで、耳コピです。コピーまで行ってないですね。うろ覚えのメロディです。本物を何回聞き直しても正確に暗記できないのも「年のせい」ってことで(^_^;) メロディ進行もおかしなとこあるし、コードも適当なんであってないところ多いです。

 トラックは三つ(つまり三回にわけて録音ってことです)使いました。ドラム(リズムボックス)とリードギター(セミアコエレキ)、この二つはライン直結。それとサイドギター(アコギ)、これはマイク録りです。左右の定位も適当に割り振ってミックスダウン。エフェクトはリードギターにリヴァーブかけただけです。MIDIを駆使すればベースもドラムも鳴らせると思うんですけど、説明を読んだだけで気が遠くなりそうになりました。覚えるのも大変だけど、打ち込みに要する根気や時間が私には耐えられそうにありませんでした。

(検索で入ってきた人はわざわざ聴かない方が幸せだと思います。←本音)

「春がいっぱい」


『エレキギターの演奏』へのコメント

  1. 名前:オールド爺さん 投稿日:2010/11/01(月) 14:03:32 ID:bf495802f 返信

    また聞き直してみましたが良いですね。メロディの音が実にきれい。柔らかい弾き方とリバ-ブが効果的です。コ-ドが合っていない部分があるそうですが特に判りません。もう1トラック足してベ-ス音を入れたらどうでしょう。このギタ-思いの外いい音がしますね。第2弾を楽しみにしています。同じ調子で(キィではなくて)センチメンタル・ジャァニィが聴きたいです。

    • 名前:なかの 投稿日:2010/11/01(月) 18:49:36 ID:74ba4b724 返信

      好評価、恐縮です。最初はリズムセクションとリードを別トラックに入れて、エフェクトを片方だけ掛けてみたかったってところから始まりました。それがうまくいったんで、あとからサイドギターもいれてみたんですが、リードを弾くときにAメロ・Bメロなどのメロディー進行を頭の中で組み立てつつ演奏しちゃったんで(つまり気の向くままの自己陶酔型(笑))、いざサイドギターをとなったらメロディの組み合わせがわけわかんなくなっちゃって、違うコード弾いたりしてます。こういうのは先にサイドギターを録らないとダメですね。
      ベースの追加についてはアナログであるオーディオトラックにあとからデジタルのMIDIを足すのはピッチの問題などで難しいです。ベースは単音なので根気さえあれば打ち込みできそうなんですけど。合わせる方法はあるんでしょうけど、私にはまだ無理っぽいです。
      あと、選曲に関しては、実のところこの「春がいっぱい」ってのは非常に簡単でありまして。リードもサイドもね。リードはたぶんギター始めて数ヶ月の初心者でも音階が弾けるようになれば弾けると思うほど簡単です。コードも「C・Em・Dm・G7・E・Fm」くらいしか出てこないです。
      そういうわけで他の曲はそのうちにってことで(^_^;) 次はなんか歌ってみようと思ってます。

  2. 名前:Mashitoshi 投稿日:2010/11/02(火) 22:56:45 ID:a7fa9a3cd 返信

    いいですね~、自分でバックまで・・・。
    >打ち込みに要する根気
    ホント、これが出来る人は、ものすごい根気というか集中力があるんでしょうね。(^^)
    ペースメーカーの音をヘッドフォンで聞きながら、サイドギターくらいならできますが、打ち込みでドラムパートなんて、絶対無理です。(^^;
    でも、ぜひ頑張ってください。

    • 名前:なかの 投稿日:2010/11/03(水) 16:19:03 ID:c27e015ca 返信

       ひとりでいろいろできるとかなり遊べます。MSP,いいですよ~。今回のは打ち込みはまったくないです。すべてオーディオ録音。最初にリズムボックスを録音し、それをMSPで再生しながら別トラックにギターを入れました。

       打ち込みはとにかくやってみようかと、ちょろっと始めてます。ベースは思いの外簡単にいけそう。単音ですしね。ギターのベースランニングあたりを確認しながら「らしく」打ち込んでいけばなんとかなりそうです。ドラムは全く未知の分野みたいなもので、耳で聞いても音を分離させてとらえにくくて打ち込みもままなりません。三連の一番簡単なのを練習に打ち込んでみようかと思ってます。