WinXPからWin7へ(設定編)

 さて導入は難なく終わりましたが、ここからが大変です。OS入れ替えのときだけでなく、ゴミ掃除目的で同じOSのクリーンセットアップのときも同じですけどね。

 きちんとしたというか、一般的な設定方法などは検索するとたくさんあります。それらにも目を通すことをおすすめします。それにWin7そのものにも「はじめに」なんてのがあり、そこの中から「Windows 7 を初めてご利用になる方へ」へも飛べるようになってます。つまり、その気になればかなり深いところまでわかるようになってます。

 でもそういうのを先に調べるって、なぜかしないんですよね。いきあたりばったりでいじくっちゃう。それでもなんとかなるのがWindowsである、ともいえますよね。
 以前と違う操作感を「こういうものだ」と慣れていくのを期待するか、前と同じように操作できるようにするのか。そこらの感覚の違いもあると思います。私は後者主体の折衷型かしら。

 ということで、「直感作業ではわかりにくかったこと、躓きそうになったこと」を主体に書いておきます。セットアップ直後のドライバ類のインストールなど当たり前のことや、インストール直後のアップデートなどなどはここでは省きます。

 XPとWin7ではコントロールパネルに入っているもののジャンル分けがかなり違いますので、目的の設定を捜すのが大変でした。

 「拡張子」を表示させることと、隠しファイルを表示させること。それがまずは第一にきます。こない?私は来るんです(笑)何をするにしてもまずはそうしないと落ち着かない。その段階からして「はて?」の連続。フォルダの設定が見つかりません。Windowsキー+Eで開いても、コンピュータ(XPでのマイコンピュータ)を開いてもフォルダの設定が出てきません。

 コントロールパネルを開くと8個のジャンルに分かれていて、クリックして進んで行っても奥が深すぎ。ジャンル分けもXP時代と違いますから直感で探せません。あとで考えると「直感ならこっちのジャンル分けの方がピンとくる」と思いましたが、いじくってる最中は困りました。XPと同様に、いろんな設定はコントロールパネルから進まなくてもあちこちから同じ設定画面にたどりつけるのですが、いままではいけた方法でいけなかったりします。たとえば、デスクトップを右クリックして画面のプロパティから入ったデザイン変更などは簡単にたどりつけません。

キャプチャ ←コントロールパネルを「大きいアイコン」で表示させた画面です(右端はタスクバーです)。画面右上の方にある「表示方法」から「大きいアイコン」もしくは「小さいアイコン」をクリックすれば、全部のアイコンが出てきます。いろいろといじくるタイプの人はこうしておくことをおすすめします。フォルダオプションもこれなら見てすぐ発見できます。フォルダオプション「表示」の中はXPとほぼ同じでした。とりあえず「拡張子」と「隠しファイル」を表示させるようにしてここはおしまい。なお、関連付け関係の設定がなくなって、関連づけを変更した後のアイコンになってくれないし、変更の仕方もまだわからないです。


 ここからがスタートですね。真っ先にMSEと自動更新ツールMseNotifyを入れたのは言うまでもありません(笑)

 最初に悩んだのは「クイック起動」。画像のとおり、私はタスクバーにクイック起動を置いてあります。4:3サイズのモニタのときは普通に画面下に配置していましたが、現在のモニタは 1440*900 のワイドなので横長なので右端に置いてあります。ちょっと幅を広げ、クイック起動に二列にアイコンがあります。通常の用途はこれと、デスクトップにあるいくつかで十分です。

 XP時代はツールバーのプロパティから置けました。ところがWin7ではこれが簡単に見つからない。検索して調べたところ、お仕着せのクイック起動はなく、置きたければツールバーを右クリックのコンカレントメニューから「ツールバー→新規ツールバー」で自分で好きなフォルダを設定すればそれがクイック起動になることが判明。早速てきとうなフォルダを作り、そこにショートカットを放り込んで設定。ちなみにこの画像はWin7についてる新ツール「Snipping Tool」で取り込みました。

 デスクトップのデザイン(ショートカットの配置)や、ウィンドウの文字サイズ設定も悩みましたが、デスクトップ右クリック→個人設定→ウィンドウの色(画面下の方にあります)→デザインの詳細設定、でXP時代のと同じ設定ダイアログが出ることを発見。無事に設定できました。この「ウィンドウの色とデザイン」で「指定する部分」から「アイコン」を選択し、フォントの種類とサイズを設定するとブラウザのブックマークなどの窓の左側に出るメニュー文字サイズもそれになって見やすくなります。

 フォントといえば。XPでは自分で入れなければならなかったメイリオも最初から入っています。でもメイリオはプロポーショナルなんですよね。日本語文字は等幅なんだけどアルファベットがプロポーショナルなんで全体としてプロポーショナル扱い。つまりテキストエディタでは使えません。選択枝に出てこないのです。これは困ります。私はTerapadですが、一度テキストエディタでメイリオ使ったらもう二度とメイリオ以外には戻れません。仕方ないのでXP時代に使ってた改造版等幅メイリオもフォントフォルダに入れました。
 こんなことになるとは思わずに、フォントのバックアップはしてなかったので、自分で書いた記事を読みながら再びもらいに行ってきましたが、様相が少し変わってたので、「WinXPで使うフォント(メイリオ)の話し」 の内容も編集してなおしておきました。下の方に入手先など書いてありますので、参考にどうぞ。

 Windowを開けたり閉めたりするときの、シュワーってなるアニメーション。それを止める設定もなかなか行きつけませんでした。結果的にはなんのことはない、コントロールパネル「システム(コンピュータアイコンを右クリックしても同じ)」から「システムの詳細」に入れば懐かしい設定ダイアログが出ました。「システムのプロパティ」です。そこの「詳細設定→パフォーマンス設定」でいままでどおりに設定できました。フォルダ内の画像など、XPでは表示方法から縮小表示を選びましたが、Win7ではここで「アイコン代わりに縮小版を表示する」としないと表示されないようです。

 あとはと...スキャナの起動方法が少し悩んだかな。XP時代の「カメラとスキャナ(だったっけ)」がなくなって、Windows Fax and Scan になってます。で、起動するとFAXしか出てこなくて、どうやったらスキャナが起動できるのかアタフタしました。アクロバットのスキャナ取り込みPDF作成は問題なくできるので認識できてることは間違いないけど起動方法がわからない。ラスベク変換用にBMPでの取り込みが必要なんで焦りました。わかってみればなんということもなく、Windows Fax and Scan を起動すると最初がFAX画面なんですけど、画面左下に切り替えメニューがありました。なぜ最初それに気がつかなかったのか不思議なくらいはっきりとメニューがあります。そこでスキャンをクリックし、メニューバーの「新しいスキャン」をクリックすればいままでどおりにスキャナが使えました。

 同業者向けの話としては、不動産登記のオンライン申請。ICカードリーダのドライバとかアクロバットの設定とか、いままでどおりごく普通です。日調連から「らくらく」をもらってきて、それを使うだけで問題なく環境が整いました。登記情報提供サービスで図面類を見るためのJAIは最後に別途インストールです。ただ、オンライン申請サイトでのICカード起動に、例の「長時間かかる問題」が発生してます。あと数ヶ月だからこのまま様子をみます。

 ほとんどメモを取らずに一気に突き進んだんで、たぶん書き忘れてることいくつもあると思いますが、一応こんなところです。コメントいただければわかる範囲でレスします。XP時代のオンラインソフトは今のところ全部動いています。市販ソフトの「マイトークFAX7」だけが残念なことにWin7非対応でした。古すぎるんで仕方ないかな。現行版のFAX9を買うことにしました。高いソフトじゃないし、A3までパソコンから直に送信できるのでこれがないと困りますからね。

『WinXPからWin7へ(設定編)』へのコメント

  1. 名前:A@媛 投稿日:2010/10/02(土) 10:48:16 ID:04b149227 返信

    わたしも激しく設定をいじろうとして、苦戦しそうだw
    なんせ、XP も、まったく2000 と同じ UI にしてますので、
    コントロールパネルの階層分けは、
    まっさきに大きなアイコンの羅列に変えるしw
    メイリオは全然知らなかったので、試してみます。

  2. 名前: 投稿日:2010/10/03(日) 17:07:55 ID:edc25f104 返信

    中野さん Win7にアップグレードされたのですね。
    Win7は色々な便利機能が多く搭載されている反面、XPから大きく変わった部分も多く、使い初めは混乱します。
    初期設定を変更してXPユーザーでも迷わず使えるようにするフリーソフトが出ています。中野さんには必要のないかもしれませんが紹介します。詳しいことは「日経PC21」2010年11月号で紹介されています。

    Part3セブン編(P42~)
    7は初期設定のまま使うな!
    磨けばもっと快適になる

    Comfortable PC(http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se429684.html)
    Glary Utilities(http://glarysoft.com/products/utilities/glary-utilities/download/)
    PuranDefragFree(http:://www.puransoftware.com/PUran-Defrag-Download.html)

    • 名前:なかの 投稿日:2010/10/03(日) 17:56:29 ID:3c38bb6da 返信

       いろいろと便利なものが出てるんですね。しかもフリーソフトで。
       突然に近いOS入れ替え決断だったんで、事前にそこらのことは調べませんでした。Win7でいけるかどうかだけが不安だった。

       設定に不安がある方はツール類の使用は大きく有効でしょうね。ただ、A@媛さんも私と同じみたいですけど、XP時代の使い方と同じ使い方(見た目や操作方法)をまず求めるとなると、どうしても結局は試行錯誤になってしまいそう。XP時代から「あるがままのXP」状態で使っていたなら良いんでしょうけど。

       余談ですけど、隠しコマンドの「神の手」だとかが発見されたとか読みまして設定してみました。でもコントロールパネルに並べた全アイコンとさらにその奥にある設定ダイアログの各タブや詳細分岐を全部リンクとして並べたもので、普通の人にもマニアックな人にも用がなさそうな機能でした。マニアの上を行く人用かな。デスクトップに新しい空のフォルダを作り、そのフォルダ名を「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」とするだけです。前後の「」は不要です。