WinXPからWin7へ(導入編)

 Win7の導入だけならわざわざ書くまでもなく簡単でした。CD(DVDか)を突っ込んで起動して進めるだけ。途中何回もクリックを聞いてくることもなく、ほったらかしとけば終わります。新品のまっさらパソコンにWin7入れるならなんの問題もないでしょうね。旧機に載せ替えるとなれば事前にそれなりの確認が必要です。

導入前に確認したこと。
(1)自分のパソコン(とその周辺や使ってるソフト類)がWin7に対応してるか。
 これは「Windows 7 Upgrade Advisor」 で確認ツールを入手できます。
(2)アプリやドライバ類はVISTA対応になってればまずだいじょうぶだと思います。私の周辺機器では10年物のキャノンレーザーショットが心配でしたが、それ以外はパソコン本体も2008年暮れに買い換えたものだし、ほかにはブラザーのインクジェット複合機があるくらい。

 以上二点だけ確認して、いけると判断しました。ただ、プリンタが使えなくなると困るので、安全を考えて32ビット版です。Win7 pro 32bit に決めました。

 XPからWin7に乗り換えるにはOSの上書きアップデート(アップグレード)ができないので、現在の環境を保存しないといけません。と、どこをみても書いてあります。Windowsファイルは「old」なるフォルダに残るって書いてあったけど、どういう形で残るのかよくわからなかったから、あてにしないことに。

 いわゆる「引っ越しツール(Win7にもついてくる。それだけダウンロードも可、市販品もあり)」とかバックアップツール使ったりすると、ゴミ屋敷から引っ越すのにゴミまで運ぶようなもんだよね。それはイヤなのでお宝だけ選別して残すことにしました。いずれにしてもアプリのインストールや細かな設定はどうしても必要になりそうだしね。メールはGmailに移行しちゃったし、画像もオンラインサーバに。音楽はYoutubeのを貼り付けてるだけで実体は自分のところにはない。パソ通時代みたいに膨大な掲示板ログもない。実に身軽です。ATOKもインターネットディスクにユーザー辞書を同期させてるので、いつでも元通りにできる。

 Adobeアクロバットもいったん登録解除。これ、解除しなかったらどうなるのかなと思ったけど、試して無駄になったら困るので素直に登録解除。

 ブラウザはブックマーク(お気に入り)だけ保存。Firefoxの仕様はなかなかいいです。復元すると元どおり。Internet Explorer他は内容は復元できるけど順番がソートされちゃって元に戻すのが大変。

 仕事で使う物優先に考えたんだけど、仕事で使ってるもので設定のバックアップをわざわざしないといけない物って、私の場合ほとんどないんだよね。ほとんど初期設定のままか、わずかな設定(データの保存場所指定とか)しかしてない。めんどうなのはCADと一太郎くらい。一太郎はオンラインに環境保存できる。CADは設定ファイルに出せる。あちこちのIDとかパスワードは元々ファイルで管理してるんで、とくにすることなし。使ってるオンラインソフトのサイトはブックマークに入ってるし。

 データは保存したし、必要な環境設定も保存した。忘れ物はないかな?とか考えていても終わりがないので、さあ行くぞとDVDセットしてパソコン起動。新規インストールを選択。

win7-1
起動してからこの画面になるまでけっこうかかりました。途中フリーズしたんじゃないかと心配になるくらいです。

win7-2
この画面になって、そのまま「次へ」を押しました。その後、普通なら何度か選択枝がでたり、確認画面が出て止まりますが、このセットアップは最後にプロダクトキーを求められるまで、途中一回も止まらなかったような気がします。時間にして全部で40分くらいで完了しました。

 ところが、Win7を起動してビックリ。全然ゴミ掃除になってません。ゴキブリやらネズミやら混じってたゴミ屋敷を解体新築して、選んだ荷物を運ぶ込む手配をしたのに、入居してみたらゴキブリの死骸とネズミの死体に囲まれ、ゴミも宝も混在のまま全部残ってるリフォームしただけの家だったといえばいいかしら。

 で、残ってるデータ類。見る(参照する)だけならいいんですが、そのままじゃ書き込みできません。ファイルだけじゃなくフォルダにも書き込みできませんからiniファイル形式のフリーソフトなど、残ってるから動かせるなと起動して設定しようとすると設定ファイルが保存できないのでエラーになります。unixのパーミッションみたいなイメージ。自分がオーナーじゃないと書き込みできない設定になってます。外すのは簡単で、フォルダのプロパティを出して、セキュリティ→編集→自分のユーザー名反転→フルコントロールにチェック、で使えるようになります。もちろん新規に作成したデータファイルは自分がオーナーですから大丈夫ですが。

 少し使ってみましたが、ゴミが残ってるのがイヤな以外とくに問題はなく、動作確認はできました。もう一回セットアップするのは面倒だったんで、このまま行こうかと思いましたが、まだ何もインストールしてないし、思い直してもう一回セットアップ。こんどはフォーマットからやりなおしてゴミ掃除することに。

win7-3
「Windowsのインストール場所~」の画面で「次へ」を押す前に「ドライブオプション詳細」をクリックするとこの画面になります。ここでフォーマットを選択してから先に進めばクリーンセットアップになります。パーティションで分けたDドライブには影響しません。そこのワンステップが違うだけで他はさっきと同じ。Windows7のインストールに関しては簡単に終わります。時間かかるにはそのあとですね。

[設定編に続く]


『WinXPからWin7へ(導入編)』へのコメント

  1. 名前:A@媛 投稿日:2010/09/30(木) 23:59:29 ID:db52b8936 返信

    まとめ記事ありがとうございました。
    まだ、おわってないけどw
    そうですね。以前と比べると、
    オンラインにデータを置いといて復元、
    というのがありな部分が
    楽になりましたね。
    あと、usb ストレージもありますし

    でも、わたしがやるとしたら、
    やはり HDD から新調しての新規インスコ
    にすると思います。
    ノートPC と、iPhone でこと足りてるので、
    いつになるやらですが(^^;;

    • 名前:なかの 投稿日:2010/10/01(金) 07:41:58 ID:85c59dfd2 返信

      設定編も書き始めてはいるのですが、普通に設定する注意点とか方法は公式も含めてどこにでもあるんですよね。そういうところには書いてないような「細かいけど知らないと悩む」ことだけにしようと、書いては消し書いては消しです。ついつい当たり前のことをだらだらと書いちゃうもんですから。
      オンラインにデータを置いてあるので、その分の復元は不要というのも大きいです。この手の引っ越しで大変なのがメールログでした。Gmail使ってればその分が無くなるので大幅軽減です。
      そして、以前は多少持っていた「手元にデータが無くてオンラインだけ」への不安もGmailを使うようになってから払拭されました(私は)。オンラインソフトなどをダウンロードして手元におき、さらにそれのバックアップなど、なんと無駄なことかと思えるようになってきた。どこにあるというURLさえ無くならなければOk。つまりブックマークを保存するだけでOkです。