Windows のシャットダウン

 パソコンの電源オフ、どうやってます?

 MSDOS時代からの古手ユーザーだとほぼ全員「きちんとスタートメニューから終了オプションを選択し」となるんじゃないかな。昔(ハードディスクが使われるようになってから)は、とにかく起動中に電源ボタンを触ってはいけないとされてましたから。理由は省略。

 いつの頃からか「電源ボタンで終了するのはダメ」というのはもうなくなってます。WindowsMEのころかな? でもそれ以降にパソコンを始めた人も、操作方法を教わる相手がそれ以前からの人なので当然のように「電源ボタンを触っちゃダメ」と教わってると思います。

 Windows2000 とかNTなんかをまだ使ってると、いまだに電源ボタンは触っちゃいけないのかもしれませんが、最初から XP が乗ってるようなパソコンからあとのパソコンなら問題ないです。電源ボタンをポンと押せばきちんと手順を踏んでシャットダウンしてくれる設定ができます。電源ボタンを押して起動したのに、終わるときには電源ボタンを触っちゃいけないなんていう電気製品があったほうがおかしいんです。

 設定はXPの場合しかわかりませんが、画面のプロパティ(コントロールパネルの画面アイコンか、デスクトップで右クリックでプロパティ選択)→スクリーンセーバーと進むと「モニタ電源」があります。そこの「電源」をクリック→詳細設定→コンピュータの電源ボタンを押したとき、で設定します。初期設定は「なにもしない」になっていた気がします。そこで「シャットダウン」を選択すると、電源ボタンを押しただけでシャットダウンできます。電源ボタンが「意識しないと押せない位置」にあるパソコンなら「シャットダウン」でいいかと思います。そうでないときは「入力を求める」にしておくのが無難です。それにしておけばいつもの三択が出ます。

キーボード 実は私のキーボードには恐ろしいボタンがついてまして(キーボードの画像、こうやってみるとかなり汚いね。掃除しなきゃ)。F12 の右側に Power ってボタンが見えますでしょ? 「シャットダウン」に設定して、うっかりこれを押しちゃうと、何をしてても有無をいわさずシャットダウンされちゃいます。Yes/No の問い合わせもありません。あ!と思ったときはもう遅いです。文章作成中であろうが、オンラインゲームの最中であろうが、ぼう然と見守る中、シャットダウンされて電源が切れます。



 幸い F12 なんて使いませんし、私は普段は画面を画像に落とすなんてことも滅多にしませんので、うっかりそこを押しちゃうということはないんで、しばらく「シャットダウン設定」にしてあったのですが、過去二回ほどやりました。いまはもうやってない、とあるオンラインゲームの最中に一回。あと一回は仕事の報告書作成中。パソコン机の上に棚があるんですが、そこに置いてあった肩こりに塗る奴、そいつがその爆弾キーの上に転がり落ちました。エディタのハングアップを過去何度も経験してますので、こまめに保存する癖がついてますから大きな被害はないんですけどね。いまは「入力を求める」にしてあります。

 キーボードにこんなキーをつける必要あるのかしら。そりゃ便利といえば便利かも知れませんけど、害の方が大きそうに思う。パソコンの付属品でついてきた1000円もしないであろうキーボードだし、キートップもはげてきてるから買い換えればいいんだけどね。使えるウチはなんかもったいなくて買い換えられません。でもそろそろ買い換えるかな。きれいに掃除するより買った方が早そう。