1型糖尿病について

 最近は「糖尿病」という言葉(病気)を知らない人はいないんじゃないか、というくらいポピュラーな病気となってるようです。

 でも、その一般に知られている「糖尿病」というのは正式には「2型糖尿病」というのはご存じでしょうか。2型があれば当然1型というのもあります。1型は全然知られてないし一般的な話題に上がることもありませんから知らない人が多いのでは。

 成人で糖尿病と言ったら、そのほぼ100%近くが2型糖尿病です。1型糖尿病は年間発生率が10万人に1.5人程度。そしてそのほとんどが小児(15歳くらいまで)でのウィルス感染型です。小児を過ぎると感染しても発病しないんだそうで、成人してからなる1型糖尿病は「自己免疫」くらいしかないようです。自己免疫ってのは簡単に言えば、本来外敵から守るべき免疫が自分に向かってしまい、自分で自分を攻撃してしまうものです。

 2型の患者数は至る所に統計が出てきますが、1型糖尿病患者数はどこまで検索しても出てきませんでした。厚生労働省の統計には無いそうです。数字としては年間発症率が10万人に1.5人となってます。単純に計算すると1億人で毎年1500人。50年間で75000人。ほとんどが小児期からのウィルス感染型とすると、自己免疫型の1型糖尿病患者は何人くらいいるんでしょうね。

 1型と2型。その原因も経過もまったく違う物なので、2型糖尿病の話は1型には全然当てはまりません。1型には食事療法も運動療法も服薬療法もありません。インスリンが体内で作られないので外から入れるしかありません。インスリンが発見されてからまだ100年も経っておらず、実用化された(医者以外の患者自身で使えるようになった)のが1950年代らしいので、それ以前は致死な病だったようです。1950年以降、1型糖尿病を発症した人が全員生き残っていたとして全国で90000人ですか。実際の患者数は統計取るほどいないってことかもしれない。

 インスリンは血管に直接入れる以外の方法で体内に入れることが出来ません。飲み薬にはできないのです。胃に入った段階で分解されてインスリンじゃなくなっちゃいますから。インスリンの注射は別に痛くも何ともないです。日本の誇る世界の町工場技術が開発した極細注射針のおかげです。針治療の針程度の細い物なのに注射針として中空になってるというものすごいものです。注射針って中空の太い針を引っ張って伸ばして細くすると思ってました。思ってません?(笑) その方法だと作れないんだそうです。普通はムクの細い線の中をドリルでくり抜いてパイプ状にするんですよ。これもまたすごい話だと思いますけど、ドリルでくり抜くのは限度があるわけで。どうしても体表の痛点をいくつか貫く太さまでしか作れなかったそうです。それをですね。なんと板金の手法で作ってしまったんですと。平たい板を一瞬で丸めてパイプ状にするそうです。


先端0.2ミリのインスリン用注射針


 で、私は4年前に1型を発病したんですが、1型糖尿病患者としては幸せな時代に発病したようです。注射針もそういうわけでほぼ無痛のものになってたし、インスリン製剤そのものが進化していて超速効型。食事の直前に注入すればいいものになってます。インスリンてのは本来体内にある状態のまま体外では存在できないそうで、注入してから30分過ぎないとインスリンとならないものだったそうです。私が副腎摘出で入院してたとき、内分泌系の入院なんで同室には2型の糖尿病の方達が教育入院(インスリンの打ち方を習熟するための入院)してました。内分泌系の病室では、毎食きっちりと定時に届きます。その定時の30分前ぴったりに看護婦さんがやってきて指示を出してました。入院中はいいけど、退院したらどうなるんだろと他人事(当時は他人事だった(笑))ながら心配になった覚えがあります。その数年後、私がインスリン必須な身になったとき、インスリンは大進化をとげ、遺伝子操作によって「体外にありながら体内にある状態」の製剤になっていました。だから、食事が目の前に来てから注入すればいいんです。逆に注射したら最大でも10分以内に食事を始めないと低血糖をおこして危ない状態になるので、注文してからいつ来るかわからない外食はできません。回転寿司はOKね(笑)人前じゃちょっと注射は打ちにくいので(危ない人に見えるとイヤだから)、席に着いてからトイレにいって打ってきます。

 例によってダラダラと長い文章ですね(^_^;)
 ここらでいったん切ります。もう少し書きたいことがあるので、あとでまた続けます

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病へ

『1型糖尿病について』へのコメント

  1. 名前:スズキ 投稿日:2017/11/15(水) 04:13:43 ID:6ce14d778 返信

    糖尿病の大変さを、貴方のブログで初めて知りました。 勉強になりました。 病状が改善される事をお祈りします。

    • 名前:なかの 投稿日:2017/11/15(水) 09:29:50 ID:04ac3cdbf 返信

      コメントありがとうございます。
      インスリン注射からは逃げられませんが、死が目の前にあるような難病というわけでもないし、年齢から言って合併症より先に寿命が来そうなので、そこらもあまり気にしてません。
      めんどくさいですけどねw

      ところで、他の記事へのコメント部分については削除させていただきました。
      もうしわけありません。