広告掲載に目覚めつつあります

 もう60歳ですからね。体を使わずいくらかでも入る方法があればありがたいわけで。まだ頭が働くウチにこういうものに取りかかっておくのもいいかなと、少し調べ始めてみました。

 インターネットを使い始めてもう10年以上経つのかしら。ホームページやブログに広告貼り付けて小銭を稼ぐなんて、なんかはしたない気もして手を出さずにいました。ちときっかけがあって Google Adsense なるクリック型広告をつけてみて、これはもしかしていいかもと思ったのですが、なんだかわからないうちに登録の取消をされてしまいました。

 初めてのクリック広告だったので無知だったことも原因してます。一ヶ月半もたって突然非承認と言われました。規約を見直すと、どうも私のブログ管理法がいけないみたいです。アドセンスの非承認の多くは「不正クリック」みたいですけど、うちのは原因が違うみたい。彼らはクリック「率」を単純にデータとして見ている部分があるようで、アクセス数(ユニークアクセス数)に比較して広告表示回数が一定基準より多いと「水増し」と見てNGなようです。つまり広告の表示回数を増やすことで分母を大きくし、不正クリックを目立たなくする手法と決めつけられるようです。

 私はこのブログを「ブログを維持することも趣味のウチ」でやってます。一々報告はしてませんが、コマゴマと中身をいじってます。メニューの順番とか。一ページに出す記事の数とか。とにかくいろいろ。仕事で内業してるときは暇を見つけては(見つけてというより、いま仕事が少なくてヒマなんですよ(^_^;))中身をいじってます。当然ですが、いじったあとは表示させて確認します。しかもブラウザ四種(FireFox, IE8, Chrome, Opera)で複数回確認します。さらに、検索サイトから入ってきた人のキーワード見て、「何書いたんだっけな、なんでそんなキーワードでその記事を見に来るんだ?」と気になって自分の記事を読み直したり。で、誤字を見つけたりすると直したりしますし、また表示の確認をする。新記事投稿以外放っておくのが普通だとすれば、数だけは大きく違ってきます。

 この件で Google に文句を言うつもりは全然ありません。私のブログ維持方法と相性が悪かったというだけですから。そして、それを変えるわけにもいきませんのでウチにはグーグルアドセンスは無理ってことです。でもね、不正アクセスなんかもそうですけど、そういうのを指摘できるなら、そういうのをカウントしないようにすればいいだけなんじゃないかな、とは思いますけどね。まあ、良い勉強になりました。

 ということで、Google Adsense をやってみた結果、ほぉこういうのも世の中にはあるんだな、と見直すきっかけになりました。

 ということで、現在は Yahoo の広告をつけてあります。Google ほど興味を惹く広告が出ない感じですけど、始めなきゃ始まらないんだしね。さらに興味を持って見て歩いたら、ほかにもいろいろあるんですね。そのうちケバくならない程度に1~2つけてみようと思います。商品を直接紹介するようなのはあまりやりたくないな。とりあえずCMサイトってのつけてみました。そこは稼ぎがどうってわけじゃなく、動画がなかなかおもしろいです。そこの「親子チャンネル」にある紙芝居みたいのが、2~7歳向けで、こんど孫1号が来たら見せてあげようと思う程度に楽しい動画でした。