コメントスパムの挙動がおかしい

2月26日のニュース
Microsoftがボットネット対抗作戦、Waledacの通信断ち切る

 上記のニュースを読み、もしかしたらコメントスパムも減るかもと、試しに .htaccess の拒否設定をなしにしてみました。

 ニュースを読んだのが2月26日。実行したのが27日。それから数日、まったくスパムが来ませんでした。ほぉ、マイクロソフト大成功じゃないか、でもたまたま来てないだけかもと思ったし不安だったのでまた .htaccess を復活。これがいつだったかな。3月2日です。

 そしたら、翌3月3日 .htaccess で弾いているのに、怒濤のスパム来襲にあいました。

Akismet画像 
 ごらんのように、昨年末に大量コメントスパムを受けて以来、1月も2月もほとんど押さえ込めています。3月に入って一気に296個のスパム。それに対しての対策はしなかったのに、その後はゼロ状態が続いてます。

 .htaccess での拒否はそのまま復活したのになぜ? もしかして何か設定間違えたかなと思い、よく見直しましたが戻し間違いはしてない。以前ここでも載せたあの大量のスパム発信アドレスとはまったく違うところから大量にスパムがきました。

 これをまた一つ一つネットワークアドレスを調べてネットマスクごと登録して、と考えたらガックリしたので、もういいやと無視することにしたのです。
 コメントスパムはスパムとして記録に残るだけで、実際には画像認証のおかげで自動には書き込まれないし、手動で来たのか、ごくたまに実際に書き込みされても「初めての人の書き込みは認証待ちにしてある」「Akismet のスパム判断」「複数URLが書いてあると認証待ち」と関所がいくつもあるので、スパムの被害は発生しません。記録さえ見なければ気にしないでいい。.htaccess で弾いても、受け入れてもトラフィックが減る分けじゃないし、サーバの負荷は変わらないだろうし、要は実害がなければ気にするかしないかだけの問題。

 と、せっかく開き直って大量のコメントスパムをそのまま受け止めようとしたのに、その直後から、この怒濤のスパムはぴたっと止まりました。見なきゃ気にしないでいいからって言って、記録見てるじゃないかって? 見てます(笑) 数日はしょうがないですよ。どう変化していくのか気になるじゃないですか(笑)

 もしかしたらこのニュース(3月4日)「大規模ボットネットの「Mariposa」摘発、首謀者ら3人を逮捕」って関係してませんかね。 犯人達は、壊滅されたあと別のボットネットを瞬時に立ち上げコメントスパムの再開、その動きを待って首謀者を突き止めた、という筋書きを想像してます。

 いずれにしても、無数のコメントスパム、その配信先アドレスを登録して弾くのは無意味そう。そこが基地なわけじゃなく、ボットネットに感染してる普通の方のパソコンから来るんだから、極端に言えば全世界の全ネットワークアドレスを相手にすることになってしまう。今回マイクロソフトがそれを断ち切ったんだから、「いまこの時点でくるスパム」は固定のそういう業者経由の疑いが濃いのかな。.htaccess を白紙に戻して様子見です。同じところから来るようなら、それらだけを抜き出して登録することにします。