英語の歌を「それらしく」歌うコツ

 言い換えれば「発音」ではあるんですけど、発音と言っちゃうと英会話がどうのという話になりますよね。私は英語全然話せません。英会話できません。でも英語の歌は....コツがあるんです(笑)

 よく言われるのは [B]と[V]、[R]と[L]、[Th]、[F]くらいですかね。あと [W] もか。下唇かんだり、舌かんだり丸めたり。ここらは「音」そのものの違いだから、ここらを無視するとどうにもなりません。どうにもならない、は言い過ぎかな。日本語だって鼻濁音の有無は「私は」重要だと思うけど、使わないからといっておかしいとは言えないもんね。

 そこらは、まあ当たり前のこととして、それではなく、話せる人はたぶん普通にそうしてて、一々気にしてないというか気がついてなさそうな「コツ」の話です。あくまでも「らしく聞こえるコツ」なんで、英語が喋れるようになるってことではありません。だって、私、全然英語話せないです(笑)

 まずですね、「-(長音記号)」は無い物と思うこと。Go は「ゴー」じゃなくて「ゴゥ」です。とにかくカタカナで書くと「-」を使うところは何でもかんでも「-」無しで母音としてハッキリ発音すること。Go Go Go Johnny Go Go は「ゴー ゴー ゴー ジャニ ゴー ゴー」ではなくて「ゴゥ ゴゥ ゴゥ ジャニ ゴゥ ゴゥ」と歌います。声に出してみるとわかりやすいです。明らかに「日本語風英語から英語風英語」になるのがわかると思います。

 Fall はフォールじゃなくて「フォゥル」だし、Boy は「ボゥイ」、発音記号で伸ばすようになってても、たとえば She は「シー」じゃなくて「シィ」です。ABCもエービーシーじゃなくてエィビィシィです。それと語尾を絶対に端折らないこと。standeing there は「スタンディン ゼア」じゃなくて、「スタンディング ゼア」だし、sit down は「シッダン」じゃありません。シト ダウンです。「ト」は小さい「ト」。Girl もガールではなくて「ガル」なんで、俗語として Gal(ギャル)となるわけです。

 さらに、「っ」も無いと思っていいです。It はイットではなく、イト。
 Let it be は「レットイットビー」ではなく、「レトイトビィ」→「レリビィ」。
 Book はブックじゃなくてブクです。Look もルク。しつこいか(笑) Look at me は「ルク アト ミィ」→「ルカトミィ」と「ッ」なしです。Stop もストップじゃなくて、カタカナで書けばスタプ。

 [W] も「らしく聞かせるため」には重要度高いです。White はホワイトではなくて、「ゥワイト」かな。What は「ゥワト」、唇をとがらせる感じで「ゥ」と発音するとものすごく「らしく」聞こえます。

 メロディの都合で伸ばすときも、「-」で伸ばしっぱなしではなく、最後に母音をつけます。You を伸ばすときもユーーーーゥです。

 それらを日本語の発音に適用して歌うとどうなるか。サザンの桑田さんみたいになります。ま、それはどうでもいいんですけど(笑)

 以下見本です。ネィティブな人からみたらどうなのかわからないけど、私なりに感じるところでは、きれいなわかりやすい発音に聞こえるコニーちゃんの歌を歌詞付きで集めてみました。ゆっくり、かつ、字幕が読みやすい曲を選んでみました。(ちょっと前まで Lyrics ってのが歌詞って意味だと知りませんでした(^^;)

Connie Talbot – Ben(歌詞付き)

もう一曲。コニーちゃんを見てないで歌詞を見て発音を覚えるんですよ!

どうしてもコニーちゃんを見ちゃう人用。コニーちゃんが出てこなければ字幕見るかな

歌詞はないけど、もうすぐクリスマスだから、これはおまけ。天使の歌声です。

『英語の歌を「それらしく」歌うコツ』へのコメント

  1. 名前:浩@埼玉 投稿日:2009/12/12(土) 19:32:07 ID:b33a4fa05 返信

    なかのさん、英語の発音すごいですね。ツボをよく押さえている。付け加えると、日本語のようにアイウエオをはっきり発音しないこと。特にSとTでエスゥのゥを発音しない、ツゥのゥを発音しなければあなたもネイティヴ?日本人にできないのが巻き舌ですが、これは訓練あるのみですね。

    なかのさんに刺激されて、BGM用にYOUTUBEの再生リスト集めをしていました。私は主にクラッシックですが、このところAve Maria特集を集めていたので、早速コニーちゃんのも追加。汚れのない歌声もいいものです。シューベルト、バッハ・グノー、そしてカッシーニどれを聞いても心が洗われます。

    • 名前:なかの 投稿日:2009/12/12(土) 23:40:24 ID:21243f623 返信

       カタカナじゃ書ききれないんですよね。To はトゥよりツに近いし、Di はディよりジに近い発音のほうがより「らしく」聞こえる。決してツじゃないし、ジではないんだけど。G は鼻濁音に近いかもしれない。無声音じゃなくて、鼻に抜けて軽く発音って部分もカタカナじゃ書けないですよねえ(笑)
       Gyao で字幕版の映画みたり、英語の歌を聴いたりしてるとなんとなくわかってくるんだけど、自分で声に出してみないとわからない。私は若い頃から飲んで歌うのはオールディーズかポップスだったから、なんとなくそんなコツを覚えてきました。

       クラシックはどうも今一つ苦手です。昔から聴いてる中でクラッシックぽいと言えば「サラ・ブライトマン」くらい。あの人の Ave Maria もすごいですよ。もう持ってるかも知れないけどリンク張っておきます。一応、クラシックのソプラノ歌手扱いだったはず(^^;

       動画がちょっと怖い ave Maria
       ライブのやつ ave Maria
       サラ・ブライトマンの一番好きなのはこれ「青い影」 クラシックじゃないけど。

      • 名前:浩@埼玉 投稿日:2009/12/13(日) 11:39:28 ID:2d7d84504 返信

        やっぱり語学は耳からなのですね。それが一番かも。音楽の英語が一番わかりづらい。その一番むずいところからなかのさんは入っているので、発音も上手になるのでしょう。英語(米語)にも訛りがあります。正当派は”クイーンズ・イングリッシュ”。これは発音も明確で聞き取りやすいですね。アメリカではブロークンされて巻き舌が強い。今ではアメリカでの英語が主流のようですが、要は相手が分かればいいのであって、何でもありでしょう。
        日本語だって、津軽弁で話されてもわからない。
        鹿児島弁も。

        サラ・ブライトマン、入ってます。
        このところ、坂の上の雲の主題歌を歌っているのでそちらを聴いています。

        Stand Alone
        http://www.youtube.com/watch?v=VQsD8fKsho4

  2. 名前:坂口 頼孝 投稿日:2010/07/16(金) 15:22:53 ID:890aca920 返信

    「さらに、『っ』などの撥音も無いと思っていいです。」の「撥音」は「発音」の変換ミスですね。なお「っ」は促音です。

    • 名前:なかの 投稿日:2010/07/16(金) 18:34:12 ID:4c576c2e0 返信

      ご指摘ありがとうございました。

      誤変換ではなく、自分では「促音」と書いていたつもりでした。読み直しても目が素通りしてたようです。直しておきました。

    • 名前:なかの 投稿日:2010/07/16(金) 18:41:36 ID:4c576c2e0 返信

      ああ、もう一度読み直したら、「発音」のつもりで書いたような気もしてきた。いずれにしても間違いですけど、半年前にどっちのつもりで書いたのか、考えれば考えるほどわからなくなりました(^_^;)

  3. 名前:小生 投稿日:2013/03/24(日) 12:59:50 ID:a0a905a64 返信

    目から鱗です。誰も教えてくれない、すばらしいアドバイスでした。
    ありがとう!!

    • 名前:なかの 投稿日:2013/03/25(月) 08:28:54 ID:e6b69fff4 返信

      喜んでいただけたようで私も嬉しいです(笑)

      お誕生日の歌なんか実感しやすいですね。
      普通は「ハッピ バースデー トゥー ユー」って歌っちゃいますが、これを「ハピ バアスディ トゥウ ユゥ」と歌えば英語の歌らしくなります。

       この発音のこつをわからないのは中学校高校の読み書き重視のお受験英語がいけないんだと思ってます。
       小さい「っ」がないとそれらしく聞こえるってのは、実は普段耳にしてるんですよね。逆のパターンなんですが、ほら、芸人さんが「片言の日本語をしゃべる外人」のマネなんかしてますよね。劇団ひとりとか(笑)

      ちょっと待ってください→ちょと待てくださぁい。
      これ買ってきたよ → これ買てきたよ。

       つまりはカタコトの外人さんが「っ」を使わないってのを強調してるでしょ。「っ」を使わないで日本語をしゃべるとカタコトに聞こえる。「っ」を使って英語をしゃべるとカタコトの英語に聞こえる。んじゃないかと。

  4. 名前:くがしん 投稿日:2013/04/17(水) 22:57:37 ID:81aea96ff 返信

    残念ながらあなたの言ってることは正しくないと思います。

    もちろん全部が全部間違っているとは思いませんが、英語を今現在習っている身としてはいささか疑問の点が多いです。
    例えばItをイトと読むこと。
    あなたが言ってるのはあくまで歌の中でのリズムを取りやすくしているだけで正しい発音とは言えないと思います。
    他のことも同様に思います。

    最初に断りをいれていただいてるみたいなのでこういうことは言いたくありませんでしたが、気になってしまいました。

    なお私も英語の歌を綺麗に歌う方法を模索している際このページを通り過ぎ、お節介なことをしてしまいました。失礼します。

    • 名前:なかの 投稿日:2013/04/18(木) 10:56:55 ID:f25362e4e 返信

      タイトルを見ていただければわかるかと思うんですが...
      あくまでも「英語の歌を「それらしく」歌うコツ」でありまして。
      英会話のための記事ではないです。

      It → イト、ってのはカタカナでどう書いたらいいのか思いつかなかったんですよね。
      イt って書けばまだマシかしら。無声音に近い t だけのトです。

      正しくないと思われるなら、それはそれで自由だし正しいのでしょう。
      ご自分で習ってらっしゃる英語を身につければ良いのではないでしょうか。

  5. 名前:サージ 投稿日:2014/01/13(月) 20:32:47 ID:d81bea714 返信

    楽しく読ませて頂きました。
    仰っている事は粗方正しいと思います。
    が、僕が英詞のカラオケや動画を見て感じるのは
    明らかにカタカナ英語を覚えていない事です。
    カタカナ英語を覚えてないから、歌えそうなスローで易しい
    部分は歌えて、速くて難しそうな部分は歌えず、ゴニョゴニョ
    誤魔化す。好きな歌なら普段聴いてるだけで歌えると
    思ってるんですかね。
    いやいや、ヘッドフォンして何回もリピート再生しながら
    発音(音の羅列)を口にだしてノートに書き記すくらいしないと
    そうそう歌えないですよ。
    そこから先はなかのさんのアドバイス通りだと思います。

    • 名前:なかの 投稿日:2014/01/13(月) 22:18:50 ID:29a7434c3 返信

       コメントありがとうございます。

       そうですねw

       発音がどうのこうのの前にまず歌詞を覚えてるか、ですよね。わかってない歌詞をアルファベットを目で追いながらそのまま声に出せるくらいの人は発音で苦労したりしないはず。

       私がそうできてるかどうかは脇に置いてくださいw 歌詞を見ないで歌える歌はほとんどないです。目で追ってて追いつかなくて字余り字足らずになるのはしょっちゅうです。

       何回も聞くのは当然として、朗読(黙読じゃなくて音読で)を繰り返すのも手です。英語特有のリズムとメロディがありますから音読でそこらをつかんでくると歌にも乗りやすいです。

  6. 名前:Tosh 投稿日:2016/08/29(月) 10:28:28 ID:2d3f5dda2 返信

    出される例がとても分かりやすくて一度読んだだけで頭に入れる事が出来ました、感謝します。私は今後ギターに加えボーカルも担当する事になったので早速この考え方をベースに歌詞とリズムを意識して取り組んでみます、ありがとうございました。

    • 名前:なかの 投稿日:2016/08/29(月) 23:00:55 ID:109ccf0c2 返信

      参考になったようで嬉しいです。もう7年も経つんですね。少し書き足りなかったことがあって、追加で書こう書こうと思いながらあっという間に七年(^_^;)

       近いうちにこれの続きとして少しだけ書こうかなと思います。