レコードプレーヤー

レコード聴くの30年ぶりくらい。
長男が生まれて動き回るようになったあと、大事な大事なシュアーV15III をアームからもぎ取られ、プレーヤーのカバーとレコードケースにガムテープ巻き付けて開かないように封印。

その後一回も封印を解かないまま、何度かの引っ越しでプレーヤー・アンプ・チューナー・スピーカー・オープンリールデッキなどは全部処分。

時代がもうCDだったから出番はなくなったなと思ったんだ。型番はほとんど忘れたけど、プレーヤーはテクニクスのダイレクトドライブ(安い方)。カートリッジは前出のシュアー他いくつか。アンプは山水の666、チューナーは888。スピーカーはONKYOUの何だったかな、型番思い出せない。テープデッキはソニー。と、まあ20前後からそろえたマニアの入門的なコンポ。自分ではオーディオマニアだと思ってたけど、レコード買ったらそんなに機器まで金が廻らないよね。

レコードだけはどうしても処分する気になれずなんとか確保した。

最近ふと、オーディオの世界も進歩したんじゃないかなと気になった。10年以上前に、どこかで「物理的接触無しでLPレコードの溝から音を拾うカートリッジ」みたいなのを読んだ記憶が突然出てきて。もしかしたらそれが手に届くくらいの価格に普及してるのではないだろか、とか思った。

そこまで進歩はしてなかったけど、かなり安価な価格で USB 経由でパソコンに音源を取り込めるプレーヤーがあることを発見。価格ドットコムで調べ、

at-pl300usb

これに決定。 メーカーサイト

こんな感じです。

Prayer 001

Prayer 002

一緒に置いてあるコンポは就職で家を離れてる末娘のもの。置いてったのでちょっと使ってる(^_^)
小さいけどなかなかいい音がする。プレーヤーは重厚感も重量もなく、アームもカートリッジも「ある」ってだけの、まるでおもちゃみたいなものなんだけど、音はそんなに悪くない。もしかして、もう昔の耳じゃないから、年取ったから音の違いなんてわからないのかもしれないけどね。


『レコードプレーヤー』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2009/08/25(火) 13:31:07 ID:a782b0424 返信

    なかのさん お久しぶりです。NECのパソコン通信でお世話になった昭です。
    路子さんのブログで復活されたことを知り訪問しました。
    レコードプレーヤーの記事懐かしくよませていただきました。
    僕もレコードのハードディスクレコ-デングをやっています。
    1年ほど前Sonyが HDレコーデング用のプレーヤーPS-LX300USBを発表しました。
    スペック的にはなかのさんが購入されたAT-PL300USBとほとんど同じです。
    2万円以上するのでためらっていましたが PS-V800が発表されました。このプレーヤーはLX300USBから USBインタフェースとパソコン録音用ソフトを除いたもので
    \9000位で購入できました。
    PHONO入力端子のないアンプのためフォノイコライザーがついているのでプレーヤーの出力をオーデオケーブルでパソコンのLine-inに接続すれば音源のとりこみができます。僕の場合は USB Audio interfaceを持っていたので USB入力に接続しました。
    録音用や編集用にはフリーソフトを利用しました。
    録音用; A-RECORDER or S-Rec
    編集用; Soundengine Free

    HDレコーデングは時間の余裕がないとできません。録音中はじっと我慢の子で!
    HDに録音しているときは他のアプリを起動するのは御法度です。
    HDに録音するデータ形式は、Windows標準の音声データ形式の WAVEにしておいた方が音質がよく、後でMP3やWMAファイルといった圧縮形式の音楽フォーマットに変換できるので取り回しがいいようです。ただ60分のアナログ音声を録音するとデータサイズが約600MBになるので大容量のHDが必要になります。

    • 名前:なかの 投稿日:2009/08/25(火) 19:25:18 ID:b0a5933ba 返信

      こちらこそご無沙汰してました。
      今回買ったプレーヤーは送料代引き手数料込みで約16000円でした。
      附属のソフトは、スペックはすばらしいんですけど、特に書いてなかったのに機能限定版でした。ちとがっかり。
      録音と保存(wav)は不満はないんですがMP3の保存が一ヶ月の期間限定。それ以降は金払えと。
      録音は最初のうち、後半部分が録音されてなかったり大変でしたが、オプション設定のバッファサイズ初期値が
      「小(応答速度重視)」になっていたのを「大(安定性重視)」にしたら全く問題なくなりました。メールチェックやら
      Googleリーダーのチェックなどしても音切れやドロップアウトしなくなりました。リアルタイムにいじるわけじゃないので、応答速度は関係ないですよね。
       メニューにある編集機能はほぼ使えません。クリックしても反応無し。
       MP3への変換はフリーのをいくつか使ってみて EcoDeco ってのが使いやすかったのでそれ使ってます。
       編集は「編集用; Soundengine Free」がよさそうなので試してみます。